学校が休みに?都道府県民の日

ライフ

日本の都道府県には「〇〇県民の日」や「ふるさとの日」のような、条例で定められる「都道府県民の日」というものがあります。

各自治体により異なりますが、大まかには、「郷土の歴史や文化を知る」「郷土を愛する心を育む」「県民の豊かな生活と県の躍進を期する」等の目的の下、制定されています。

日付都道府県
2月7日福井県
2月20日愛媛県
4月18日三重県
5月9日富山県
6月15日栃木県、千葉県
7月14日鹿児島県
7月17日北海道
8月21日福島県、静岡県
8月29日秋田県
9月12日鳥取県
10月1日東京都
10月28日群馬県
11月13日茨城県
11月14日埼玉県
11月20日山梨県
11月22日和歌山県
スポンサーリンク

「都民の日」「県民の日」が休日に!

東京都、茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、山梨県の1都5県では、「都民の日」「県民の日」は学校が休みになります。関東近郊以外の出身者が初めて聞けば驚くこと間違いなし。「県民の日」のない府県の出身者にとって衝撃的事実を知ることになります。(筆者も人生24年目の衝撃でした)

なぜ関東地方に集中しているかわかりませんが、「〇〇県民の日は某テーマパークが〇〇県民で溢れかえる」と言われています。

もちろん各都県もただの休日にしているだけでなく、イベント等を開催して、郷土愛を深めてもらおうとしています。ちなみに埼玉県では、県民の日には以下のような催しがあります。

  • 埼玉会館にて「県民の日記念式典」が開催される。
  • 県立の博物館・美術館等の一部の有料施設が入場無料になる。
  • 県内および県外の一部テーマパークの入場料が無料または割引となる
  • 県内60ヵ所のゴルフ場が割引価格でプレーが可能となるなどの協賛行事が催される。
  • 県民に県の業務を紹介する事を目的に埼玉県庁舎を開放し、知事室や埼玉県議会議事堂の本会議場および議長室、埼玉県知事公館を特別公開する「県庁オープンデー」が開催される。
  • 一日乗車券「埼玉県民の日フリー乗車券」が各私鉄から販売され、原則埼玉県内の区間で乗り降り自由になる。

「県民の日」がない地域も!?

以下の県には、「県民の日」が設けられていません。

青森県、山形県、神奈川県、新潟県、石川県、長野県、岐阜県、愛知県、滋賀県、兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県

県民の日を設けていない理由は様々ですが、福岡県の場合、「県民の一体性や、郷土への愛着が既に高い域に達しているから」との見方があるそうです。そうだとしても、福岡県出身の人の意見としては「それでも県民の日は欲しい」そうです。

「府民の日」はない

日本には、大阪府と京都府の二府がありますが、残念ながらどちらも「府民の日」を制定していないため、2019年現在「府民の日」は存在していません。

独自の記念日

また、以下の都道府県では「県民の日」と定められているわけではありませんが、それぞれ独自の記念日を設けており、「富士山の日」(一部)、「慰霊の日」、「広島原爆の日(平和記念日)」では学校が休みになるようです。

日付都道府県記念日
2月7日長野県長野の日(オリンピックメモリアルデー)
2月7日北方領土の日
2月22日島根県竹島の日
2月23日静岡県富士山の日
3月11日宮城県みやぎ鎮魂の日
3月19日神奈川県立庁記念日
5月15日沖縄県沖縄本土復帰記念日
6月1日兵庫県善意の日
6月23日沖縄県慰霊の日
7月1日滋賀県びわ湖の日
8月6日広島県広島原爆の日(平和記念日)
8月9日長崎県県民祈りの日
11月1日岡山県おかやま教育の日
11月1日島根県島根教育の日

「府民の日」「県民の日」の無い地域の住民(特に学生)にとっては「全都道府県で平等に制定し、休日にしてほしい」というのが本音かもしれません。参政権が18歳からになったため、今後の市議会・県議会選挙でもしかすると「府民の日」「県民の日」制定が1つの重要課題となる日が来る可能性もあります。

コメント