名言で振り返る『半沢直樹』 2020年版 -進政党・タスクフォース-

名言で振り返る半沢直樹 TV

大ヒットドラマ『半沢直樹』2020年版の名言を振り返ります。
進政党、タスクフォースの名言です。

ねぇ、頭取、債権放棄じゃダメなんですか?

第六話 白井亜希子

はい?
最近どうもねぇ、耳が遠くてねぇ。

第九話 箕部啓治

小童ぁ!はよやれー!

第九話 箕部啓治

おめぇじゃなくて頭取に聞いてんだよ! 雑魚は引っ込んでろ!

第九話 乃原正太

あの男はもうバンカーじゃないんだ?
ただのバーカ。

第十話 箕部啓治

私もやるべきことを果たします。
私を支持してくださっている国民のため、この国の未来のために。

第十話 白井亜希子

タスクフォースは「債権放棄」という安易な政策以外には、銀行を超える案を見つけることができませんでした。
残念ながら、私が立ち上げたタスクフォースは、何らその使命を果たせなかったと言えます。
これは任命した私の責任であり、リーダーである乃原弁護士の怠慢によるものです。

第十話 白井亜希子

ここは会見の場です。
その態度、恥を知りなさい!

第十話 白井亜希子

誰も助けてはくれませんよ。
説明できないのなら、謝罪すべきです。
それが政治家として、人として、最低限度の義務ではないですか?

第十話 白井亜希子

コメント