名言で振り返る『半沢直樹』 2020年版 -東京中央銀行 味方編-

名言で振り返る半沢直樹 TV

大ヒットドラマ『半沢直樹』2020年版の名言を振り返ります。
東京中央銀行内の味方である渡真利、中野渡頭取の名言です。

浅野支店長といい、君は上司に恵まれないね。

第二話 渡真利忍

けどな、半沢。お前も他人事じゃないぞ。明日は我が身だ。

第二話 渡真利忍

なぁ、半沢。誰に聞いても無理だよ。
証券部は難攻不落、鉄壁の要塞だ。
半沢、諦めた方がいい。

その顔、全然諦めてない!

第一話 渡真利忍

私だって、みんなのために、一つくらい役に立たせてくださいよ。

あの野郎、ギャフンと言わせてやる!

第二話 三木

時代が変わっても、半沢という男は変わらないねぇ。

第四話 渡真利忍

まだ何かあるというのか?

第四話 中野渡謙

東京中央銀行が子会社に見事に叩き潰されたな。
喜ぶべきか、悲しむべきか。

しかし、どんな場所であっても、また大銀行の看板を失っても輝く人材こそ本物だ。
真に優秀な人材というのは、そういう者のことを言うんだろうね。

第四話 中野渡謙

担当は「落合」っていうベテランだそうだ。
君の大好きな黒崎検査官じゃなくて残念だったな。

第六話 渡真利忍

半沢、いずれ君は頭取になる男だ。
私は、大和田君には当行の過去、そして君には未来を、それぞれ託した。
その未来まで、もう少しだったんだがなぁ。

第十話 中野渡謙

改めて、君に帝国航空債権の担当を命ずる。
会見にも君が向かえ。
全ての責任は、私が取る。
当行の代表として、思いっきりやって来い。

第十話 中野渡謙

物事の是非は決断した時に決まるものではない。
評価が定まるのは、常に後になってからだ。
もしかすると、間違っているかもしれない。
だからこそ、今自分が正しいと信じる選択をしなければならないと、私は思う。
決して後悔をしないために。

第十話 中野渡謙

コメント